セキュリティソフトの必要性 コンピュータウイルス

主なコンピュータウイルスとセキュリティの重要性

コンピュータを扱う方にとって、非常に脅威となるコンピュータウイルス。
ここでは、主なコンピュータウイルスと、セキュリティ対策ソフトを使う必要性について考えてみましょう。

ワームは、ネットワークを通じて感染や破壊をするもので、自らのファイルのみで活動を行なう事が出来ます。
自分自身をコピーする自己増殖や、OSおよびアプリケーションシステムの弱点を突いた活動を行なうものです。

ワームはメール感染型、メールスクリプト型、ネットワーク型、P2P型などの種類があります。
ワームに対する対策としては、弱点を突かれないためにもセキュリティ対策ソフトのアップデートおよびセキュリティ・パッチが有効です。

ワームと同じ働きをするものとしてトロイの木馬がありますが、自己増殖を行なう事はありません。
利益率の高いツールやソフトウェアに変装してコンピュータへ入り込む特性があり、情報漏洩や消去、他のコンピュータに攻撃を仕掛けるといった事を行なうウイルスです。

感染するとコンピュータ内部に保持している個人情報を奪い取ったり、感染したコンピュータに悪意を持つ第三者が入り込むための入り口を作成する事もあります。
このウイルスに対するセキュリティ対策としては、パーソナルファイアウォールを取り入れる事が有効な手段として考えられます。

ファイル感染型は上書き型と追記型に分けられ、攻撃の対象をファイルとするウイルスです。
上書き型は修復する事は不可能であり、追記型は元ファイルの実行はできますが、コンピュータウイルスも実行されてしまうという特徴があります。

セキュリティ対策としては、ファイルのバックアップが有効でしょう。
セキュリティ対策のソフトウェアを導入するのは、コンピュータを安全に使用する方法として最も有効なものなのです。

セキュリティソフトの必要性関連情報